データ作成の手引き

データ入稿される場合の作成要領

アドビイラストレーターや画像、PDFデータでの入稿の場合、以下の点についてご注意のうえデータを作成願います。

必ず原寸で作成

イラストレータでは、「変形」という窓でサイズを確認できます。必ず製作したい希望のサイズでデータを作ってください。テンプレートを用意しておりますので、コチラでデータを入稿されるのが最も安全です。印刷業者は寸法の指示がない限り、データは原寸ということで製作を進めます。暗黙のルールです。

フォントはアウトライン化

イラストレータでは、フォントを必ずアウトライン化してからデータ入稿して下さい。フォントのまま入稿した場合、当店のPCに同じフォントがない場合は、別のフォントに置き換わってしまいます。

塗り足しまで描く

地紋があるレイアウトや、全体に色を付けているレイアウトなどの場合、塗り足しを5mm付けてください。一般的な印刷では3mmですが、昇華印刷では5mm必要です。

規制ラインを守ってください

テンプレートに記載してある「規制線」を必ず守ってください。テンプレートが開けない(使えない)場合は、以下の説明が像をご覧頂き必ず厳守してください。なお、クロスの縁に対して平行ではない文字やラインは、自由に挿入して頂いて結構です。

規制線の外に文字列やラインを入れてはならない理由

クロスは布です、寸法や形状は必ずしも一定ではありません、極端な場合、わずかに菱形になっていることもあります。そこへクロスの縁と平行なデータを挿入すると、全体的に歪んだ見栄えになってしまいます。この見栄えを守るために、ある程度の逃げを取ります。

画像入稿ではデータのみを入稿

テンプレートには、製品サイズ線、文字入れ規制線、等の情報が入っていますが、画像の場合は、これらの線を入れないでください。印刷の際に線が入ってしまいます。画像の不要線を消すのは手間がかかりますのでご協力ください。技術的に消せない内容の場合は修正データを再入して頂きます。

画像データは300dpi以上の解像度

画像入稿の場合、原寸サイズ+300dpiの解像度データである必要があります。これ以下の解像度でも印刷はできますが、ぼやけた仕上がりになります。綺麗に仕上げたい場合は300dpi必要です。この「解像度」「dpi」が判らない場合は、事前データ確認フォームでお問い合わせください。